2017年11月30日

清風 2017年11月

 

宗教を救済としてのみ見るのは、人間の自己肯定である。
 根源的意味でのエゴイズムである。
 それを破って人間をして深い根源に呼びさます自覚こそが、
 宗教の本質といわれるものである。

    安田理深(1900~1982)
      兵庫県生まれ。宗教哲学者。真宗大谷派僧侶。
      青年時代に金子大榮師の著作に触れて親鸞の思想に目覚め、大谷大学に入学。
      私塾・相応学舎を主宰。生涯、無位無官を貫く。
      『安田理深選集』全15巻、別巻4巻、補巻(全22冊)文栄堂発行。
      『安田理深講義集』全6巻 大法輪閣刊(OD版)


 新聞に80歳男性(妻73歳)からの相談が載っていました。
(朝日新聞2017年9月26日 be面P10「悩みのるつぼ」)
 要約しますと…、
 定年(60歳)退職後、夫は週3日働き、外国人への日本語教室のボランティアを週4回しています。
しかし、その夫の行為を、どうも妻は認めてくれません。妻は遊びほうけていて、ボランティア活動の手助けで、たまに送迎を依頼しても拒絶されてしまう始末。その妻の言い分は「一銭にもならないボランティア活動への手助けなんてまっぴらゴメン」「仕事を辞めて子ども4人を育てました。それで十分でしょう」と。
 そこで夫は、「妻に、せめてもう少し私の方を見て、私の生き甲斐に協力させる方法はありませんでしょうか」と、相談を寄せたのです。

 ここからは、小生の見方です。
 夫はボランティア活動に生き甲斐を見出して立派なことを行っているのに、妻が理解してくれないというわけです。
妻にも言い分はありますよね。「私は仕事を辞めて子どもを4人育てました。
今は私のやりたいことをやっている、あなたはあなたのやりたいことをやっている。何の不満があるのですか?」と。
 しかし夫の方はおそらく、大義は自分にあると思っている、その自分の判断に自分自身が悩まされているのですね。               

 この夫婦の場合、夫の立場からは「夫は被害者・妻は加害者」というわけです。
しかし妻の立場からは「夫を私の生き甲斐に協力させる方法はありませんでしょうか」となるに違いないでしょうね。
 すべてはご縁として、実に豊かな内容を含んでおり、「頂きもの」以外の何ものでもないのです。
ですから「悩む」というのは、すでに与えられている事実に「感謝する」どころか「当たり前」としか思えない私であることに気付け、という私の「深い根元からの呼びかけ」だったのです。
(「当たり前」… 家族も私の身も、全てを私の道具と位置づけること)

 さて、11月11日(土)・12日(日)と、守綱寺の報恩講です。
ぜひ時間を作って本堂でのお勤めに参加し(本堂は椅子席です。勤行本の用意もあります)、法話をお聞きください。
 報恩講は親鸞聖人のご法事です。みなさんの家で一周忌・三回忌などを勤める意味は、この報恩講の「恩」という言葉に表現されています。
 「恩」は「恵み」という意味です。
つまり法事は「恵みに報いる」…これまで頂いてきた、そしてこれから頂いていく「恵み」をあらためて確かめさせてもらう儀式なのです。「恵み」を言い換えれば「お与え」ということです。
 この身の事実・恵みに気づけば、人生は「孤独」とか「孤立した生」ということは本来あり得ないことなのです。水木しげるさん(漫画家・代表作『ゲゲゲの鬼太郎』)が「あなたにとって、幸せとは何ですか」と問われて「呼吸のできることです」と答えられたと聞き、これこそが「深い根元からの応答」だと思わせられたことでした。
呼吸こそが、幸せも不幸すらも成り立たせておってくれているのですから。そして言うまでもなく、意識して呼吸をしているわけではありません。これこそが「恵み」の事実でしょう。
 人間が2人寄れば地獄を作ると言います。
「その張本人がここにいるわい」という目覚めをいただく場、それが報恩講であり、年回法要もまたそうした場なのです。

 私(夫)は80歳になって、ボランティア活動ができる丈夫な体に恵まれてきた。そして妻も丈夫でいてくれる。
いわば幸福のど真ん中にいながら、私(夫)にはそれが分からない。まさに不幸のど真ん中でしかないと。
 「その張本人がここにいるわい」と気づけるか、否か。
(これは書き手の私も同じです。)

 新聞の「身の上相談欄」から、小生の受け止めを書かせてもらって教えられました。
「唯、念仏の教え」を、親鸞聖人はなぜ「易行難信」と受けとめられたのかを。
救済が単なるエゴの満足なら、救済はすぐまた「当たり前」となるだけのこと。
それなら、流転(迷い、今までの延長)でしかないのですから。
  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)清風

2017年11月30日

お庫裡から 2017年11月




今年もはや11月、報恩講を迎える月となりました。
先日は、テレビで〔「人体」神秘のネットワーク〕という番組を観て、人体は3兆もの細胞で成り立ち、各臓器はそれぞれに連絡を取り合い、互助作用をして人体を維持していると知りました。
我が身のことでありながら、その緻密な構造と作用を、70年も無償で、この今もなお、働き続けてくれていて、私が生きて在るのかと思うと、自分に向かって「ありがとう」「ありがとう」と申さずにはおられません。
小鳥が鳴けば、その声に耳を傾け、虫の音に心癒され、雑木の下のゴソゴソの中に白い茶の花が花弁をふくらませているのを愛で、豆つぶ程の雑草の花と語る。嬉しい気持ち、喜びは、身の回りからあふれてきます。
今月の掲示板の「当たり前に思えるすべてのことが、信じられないほど、素晴らしい」こんな心境です。
しかるに、同じく掲示板の「自分の思いから逃れられない自分だ、とわかる」という場面に度々出くわすのです。
より多い、と言った方が正確です。自分をのぞいてみると、自分に関係が深い相手に対して、自分の思いを重ねて見てしまっています。
意識では、相手を思うようにしようなんて思っていないのに、思い通りにしてくれないと腹を立て、私のことが分かっていないと愚痴をこぼす。
「救済とは、私、私と思っていた私は「煩悩」であると知らされること」
7人の家族の生活は、賑やかで、張り合いのいいことばかりでなく、自分とはどんな者か知らされる場であり、共に立つ地平を認識させていただく聞法の場であると思います。
報恩講、ぜひお参りください。
  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)お庫裡から

2017年11月29日

今月の掲示板 2017年11月



  豊かさを

  豊かに生きる

  ということの難しさ

 

  救済とは、

  私、私と思っていた私は

  「煩悩である」と知らされること

 

  「私」の面子が立つように

  ずっと「私」を残そう。

  「私」が崩れないように

  「私」を倒れないような

  つっかい棒を探して生きてきたが、

  「いのち」も「身」も、

  「お与え」とわかるまで苦しみますか。

 

  当面の課題はある、

  私が私に生まれたという理由。

  それが、苦悩という形で

  私の出世本懐が問われている。

 

  自分の思いから

  逃れられない自分だと、わかる。

 

  人間は、どこまでも誤るもの

  神ではないのですよ。

 

  当たり前に思えるすべてのことが

  信じられないほど素晴らしい。

 

  如来から絶対的な信頼をかけられ

  願いかけられている

  その存在である私の発見

 

  私には真実がない

  虚仮の私だとわかるのは

  真実があるから

 

  評価は他人にまかせよ

 

  弥陀の本願には、

  老少善悪の人をえらばれず

 

  本願を信ぜんには

  他の善も要にあらず

  念仏にまさるべき善なきゆえに

  悪をもおそるべからず

  弥陀の本願を

  さまたぐるほどの悪なきがゆえに


  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)今月の掲示板

2017年11月28日

本堂に座って 2017年11月




このところ、危険な運転や嫌がらせ運転の話題がよく取り上げられています。
元常習者の方の「土下座までさせれば、こちらも気がすむ」なんてコメントが紹介されていましたが、何がそこまでさせてしまうのでしょうか…?
報恩講に際して書かれた高柳先生のお話から、その心の内が見えてきます。
後ろの自動車からクラクションを鳴らされて、怒りに駆られて人を殺してしまったという事件が起きたと聞いても、「またか」と思って、私たちはこの頃、驚かなくなっているのではないでしょうか。
何故なら、自分も何かのきっかけで暴発するかもと、感じているからなのかもしれません。
今の私たちは、一寸でも相手に非があると、徹底的に責め立て、怒鳴りつけ、土下座をさせたくなる衝動に駆られてしまいます。
どうして、これほどまでに私たちの心は苛立ち、すぐに臨界点に達してしまうようになったのでしょうか。
ニーチェが「神は死んだ、俺たちが神を殺したのだ」と叫んでから既に百年が過ぎ、「安楽浄土」とか「如来の大悲」という言葉が心に響かない「近代文明社会」を生きている私たち。
振り返ってみると、小さい頃から、どこに居ても採点・評価され、点数が低いと、「何をやっているんだ」と責め立てられ続けてきました。
しかも、責め立てたのは、他人だけではなく、一番身近な親や祖父母であったりもしました。
それ故に、学校や職場だけでなく、自分の家でさえも安らげる場所ではなくなってしまって、いつも見捨てられるんじゃないかという怯えと怨みが、心の底にずっとあるのではないでしょうか。
こうして私たちは、いつも周りからの評価の眼に晒され、怯えているので、ハリネズミのように誰に対しても警戒心をいだき、自分を防御せずにはおれません。
ハリネズミのような私たちの心は、世界の中に独りぼっちだという深い孤独感で覆われていて、たまに自分のことをわかってくれる人が現れても、「きっと、この人も私から離れていくだろう」という深い疑いが消え去ることがないのです。
ところが驚くべきことに、そうした私たちの、怯え怨む心を、如来は自分のこととして深く悲しみ、全存在を賭けて、大いなる安らぎを衆生に実現せずにはおかない(「一切の恐懼に、ために大安を作さん。」〈『仏説無量寿経』「嘆仏偈」〉)と、深く決意しておられるのです。
実の親でさえも、子どもを裁き、捨てることがあります。
しかし、如来は裁きません。無条件に「そのまま」と呼びかけ、受け入れてくださる。
そうなのです。
悲しいことですが、「実の親」は「真実の親」ではなく、如来こそが決して見捨てることがない「真実の親」なのです。しかし「そのまま」との声は単なる受容ではなく、自分を握り、守る、その自分を投げ出せ、という「絶対否定」の声です。
その声が真に身に響き、聞こえる時、殻を作り防御している、その自分全体が投げ出され、無条件の世界が開かれるのです。
しかも、その如来は、どこか遠くにいる神がかった神秘的な存在ではありません。
私に「そのまま」と呼びかけてくださるのは、私に先立って如来の心にふれた師であり、師の中に如来は生きてはたらいているのです。
その師は、「私はあなたの師だ」とは決して言わず、逆に、「あなたは私の深い親友です」と言われ、世の中の人すべてが、そして実の親さえもが私を見捨てたとしても、私を無条件に信じ、いつも隣に居て、あるいは先に歩んで、呼びかけてくださっている。
そのことに気づかされ、自分が投げ出される時、凍り付いた心は溶け、孤独から解放されるのです。すなわち、「真実の親」である如来に遇える時、同時に、「真実の友」「師」をいただくことができるのです。その時ハリネズミの針は消え、深い警戒心と怨みは溶け、冷たい風こそが自身を立ち上がらせてくれる暖かい風と感じられるようになる。そして、不思議にも、どんな人をも敬い信じ、一切衆生の苦しみを自分のことと感じ背負う「報恩の今」を、いつも新しく生きる事ができるのです。
(『報恩講』東本願寺出版発行「「真実の親」に遇う」高柳正裕 著より引用しました。)

高柳先生には守綱寺の報恩講(11月11日・12日)でお話いただきます。
どなたでもお越しいただけますので、ぜひ先生のお話を聞きに来てください。

  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)本堂に座って

2017年11月27日

今日も快晴!? 2017年11月




10月15日に豊田市産業文化センター行われた映画「日本と再生」(=原子力に依存しない自然エネルギー発電の可能性を示す映画)の上映会と、“ら・びーた”コンサート&高野雅夫講演会に参加してきました。
原発事故後、放射能の影響を避けて、福島の家族連れの方を保養にお招きしている「福島のみんな!遊びにおいでんプロジェクト」が上映会に協力していていたので、会場ではたくさんの知った顔ぶれに会うことが出来ました。
“ら・びーた”は、ソプラノ歌手の竹内支保子さん、ピア二ストの浅井友愛さん、トロンボーンの高野雅夫さんによる音楽ユニットです。
竹内さんは、東京藝術大学卒業後、数々のコンサートや海外公演にも参加され、クラッシックやオペラに留まらず、映画音楽、CM等様々なレコーディングにも参加されています。
東日本大震災をきっかけに関東から愛知県に自主避難されて来た経緯もあって、今回の「日本と再生」の上映会に協力されたようです。
思いのこもった歌声と演奏は、本当に素晴らしかったです。
高野先生は、名古屋大学大学院環境学研究科教授で、木質バイオマスエネルギーやマイクロ水力発電の技術開発と、それらの普及を通した里山再生のための社会的政策について農山村をフィールドとして研究を行っていらっしゃいます。
今回の講演「里山の暮らしとエネルギー〜里山の生活から見えること〜」では、里山への移住を希望する方達で建てた「千年持続学校」の企画運営等を紹介しながら、持続可能な社会について、実践の中から見えてきたビジョンをお話し頂きました。
また、里山への移住者としての竹内さんとのミニ対談もあり、「こんな暮らしがあるんだ」、「こんな取り組みがあるんだ」という新しい可能性を感じました。
竹内さんは、現在は豊田の山間部に移住され、地域の混声合唱団、児童合唱団の指導もされています。
「今までは都会じゃないと音楽活動が出来ないと思っていたけれど、そうではなかった」と、地域に根付いて明るく精力的に活動していらっしゃる姿が印象的でした。
映画は、自然エネルギー発電の世界の取組み状況のドキュメンタリーでした。
ドイツ、デンマーク、中国、アメリカetc、各国でクリーンで安価な自然エネルギーへのシフトが進んでおり、日本が世界に取り残されかねない状況が描かれています。
世界の各国で「自然エネルギーは儲かるよ」と、笑顔で語る方の姿がありました。
映画の中では、「じぶん電力」など自然エネルギーを中心とした電力の供給を目指す小売りの電力会社が紹介され、「日本でも、東電など大手の電力会社や原発に頼らず、自然エネルギーにシフトして行けるのではないか」という希望が感じられました。
会場で受け取ったパンフレットには、生活クラブをはじめとする地域系や自治体系の電力の小売業者が紹介されています。
では、実際に自分が里山に移住出来るかというと、それは現実的ではないのですが、田舎暮らしを志向される方達の、「儲かれば良い」という経済優先の価値観から離れて、自分たちの手で土を耕し、野菜やお米を作り、「暮らしを自分たちの手で作り出してゆきたい」という思いには共感します。
「本当の幸せ」を考えたとき、自分の物差しをどこに置くのか。ヒントは身近なところに転がっている気がします。


  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)今日も快晴!?