2018年04月29日

清風 2018年4月



天上天下唯我独尊

釈尊
(仏教を開いた祖、現在のネパールに生まれる。紀元前6世紀~5世紀の人)

お釈迦さまはこの宇宙のただ中にあって、「人はそのままで尊いのである」と語られた。
「いのちが尊い」と言える根拠を示す。
明治の清沢満之は、この釈尊の「天上天下唯我独尊」について、次のように述べている。
「自己に充足して、求めず、争わず、天下、何れの処にか之より強勝なるものあらんや、何れの処にか之より広大なるものあらんや。
かくして始めて人界にありて、独立自由の大義を発揚し得べきなり。」(「絶対他力の大道」)


近代の人間が求めた自由への希求は、フランス革命によって掲げられた「自由・平等・博愛」というスローガンによってよく知られています。
人間のその歩みは、この「自由・平等」を求めてのものでした。
そしてまた、この「自由・平等」の内容は、「スタートの平等、競争の自由」と語られてきました。

「スタートの平等」について言えば、日本の近代化は明治維新にスタートしたのですが、制度の上でスタートの平等を実現しようとしたのは、教育制度にその形を見ることができます。
それまでは身分制度(士農工商)によって、教育が平等に保障されることはありませんでした。
農工商階級に生まれたものは、他の階級・侍(士)階級のものとは対等ではなく、農工商の身分のものは同席することも許されませんでした。
ですから、教育も全く独自の形で行われ、農工商階級の身分のものは、読み・書き・ソロバンとも言われる基本的な素養を身につける程度でした。
それが明治維新によって、四民は平等であるということで、不十分ではあったでしょうが小学校が設立され、かつての士農工商どの身分のものも、小学校では誰でも7歳になる年の4月に入学し(スタートの平等)、その教育の場では結果は試験によって成績がつけられて、その結果に差がつくことも(競争の自由として)認められることとなりました。
そしてこの自由と平等の下では必ず差がつきまとい、その差を補っていくために、自由と平等に加え、博愛の名において、援助というか制度的保障が加えられることとなりました。
フランス革命で提唱された「自由・平等」という目標は、「博愛」という語が付け加えられているように、実は大きな課題を内包していると言えるのです。
例えば、先月号で紹介したターミナル・ケアの医師、キュープラ・ロスさんが患者から受けた、「先生、私は良い生活はしてきたけれど、本当に生きたことがありません」という問いに込められている、「本当に生きるとは、ということが問われることなく」教育によって「人材」として評価されていく点です。
現代においては、便利で快適な生活をすることが人生全体を貫く目的となってきました。
もう少し生活に即した言い方をするなら、私の思い通りになっていく人生ということでしょう。
苦しいこと、悩むこと、空しさを感ずる感性の存在する意味が分からなくなった … 誰もそういったことについて、「生きていてこそ、命あってこその内容」だという事実について、思いを巡らす余裕がなくなったということでしょうか。

『自由からの逃走』(エーリッヒ・フロム著 創元社刊)には、「中世末期以来のヨーロッパおよびアメリカの歴史は、個人の完全な解放史である。
(略)しかし、他面「…からの自由」と「…への自由」とのズレもまた拡大した。」(同書P46)とあります。
先に挙げた患者さんの訴えは、まさにこのズレの告白と言えるでしょう。このズレが深刻な事態をもたらしつつあることがことが、オウム事件(1995年)、障がい者施設・津久井やまゆり園事件(2017年)から見えてきます。

こうした状況から、自由を求める我々の目的は「欲望の充足」であって、「存在の満足」にはならないということが、あらためて問われねばならない時代になっていると思われます。

  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)清風

2018年04月28日

お庫裡から 2018年4月



季節が巡って、桜の開花便りが届く頃となりました。
寒さにふるえる時は、これで本当に春は来るのか、と不安になるほどだったのに、春にはちゃんと春が来て、『自然(じねん)』というのは本当にすごいなぁ、大きいなぁと感じます。
生まれた赤ん坊も15年経つと高校生に。
その分、私もしっかり老いの階段を上っているのですが、その両方共に、いのち頂いている上でのことです。
おかげさまです。
先日来られた50代の方から、「私の母も含めて、母くらいの年令の方は皆一様に「迷惑かけたくない」「子に迷惑はかけられない」と言われるのだけれど、何故でしょう」と、尋ねられました。
「うーん、何故でしょう」
年令的に戦中のひどさも知っておられるし、戦後の高度成長を身をもって支えてこられた。
その方々だと思います。進歩し(技術)、発展した(経済)、そのさなかの人生だったことでしょう。
前へ進むことを是としてこられたはずです。
しかし、老いて何もできなくなる、介護される、そして死んでいかねばならぬ。
その事実が、どうしても負の物差しとしか受け取れないのではないでしょうか。
身の事実は、全宇宙の全協力をあげて生かされている無量寿のいのち、大自然の中の一コマ。
自分だけの力で生きているのではありません。
ご迷惑をおかけします、すみません、お世話になります、ありがとう。
言葉の要るのが人間と教えられています。私は人間になっていきたいです。



  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)お庫裡から

2018年04月27日

今月の掲示板 2018年4月




  “空(くう)”は、何もないというのではなく
  “なんでもない”ということです。
  なんでもないから
  条件次第でなんにでもなる。

  だいたいこの世の中で
  持っておるもので失わないものは
  一つもない

  我々は、危ないものを頼りにしている。
  自分の支えにしている。
  やがては必ず
  失わなければならないというのに。

  あいつも困ったやつだ
  こいつも困ったやつだ
  と言わなければならない自分が
  一番困ったやつだ

  与えられ方が足りないから
  満足できないのではない
  いくら与えられても不足なのです
  その根性のために
  満足がない

  壁が壁だとわかった時に
  壁は破れる

  深いつもりで浅いのが 知恵
  浅いつもりで深いのが 欲

  念仏とは
  自分がわかるということ

  自分が喜べないやつだと
  頭が下がったら
  そこに満足がある
  そこでわが身を知る

  心の目が開き
  心の耳が開いてくる
  それが聞法のひとつの功徳

  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)今月の掲示板

2018年04月26日

本堂に座って 2018年4月




今月はタイトルが気になって読んでみた本、『一汁一菜でよいという提案』から文章を紹介します。
食べ盛りの子どもたちと同じように食べていて、体重が気になる今日この頃、と思って読んでみたのですが、「食事」についての文章が、思いがけず仏教につながっていると感じた…そんなお話です。

私たちは日頃、ご飯を食べることを「食事する」と簡単に言いますが、そもそも「食べる」ことは「食事」という営みの中にあることで、単に食べることだけが「食事」ではありません。
食べるとなれば、家族のだれかが買い物をして材料を用意する。
野菜を洗って下ごしらえをする。ご飯を炊いて、菜を煮て汁を作り、魚を焼いて盛る。
そして食卓にその皿を並べるのです。このように、ものを食べるとなると、必ず一定の行動がともないます。
その食べるための行為のすべてを「食事」と言います。
生きるためには身体を動かし、立ち上がり、手を働かせ、肉体を使って食べなければならない。
ゆえに、「生きることの原点となる食事的行動には、様々な知能や技能を養う学習機能が組み込まれている」のです。
それは、人間の根元的な生きる力となるものです。
このことを知っている身体は直感的に感じ、「毎日の食事をきちんとしたい」と(自我に)伝えているのだと思います。
食べ終われば、後片付けをして掃除する。
ほっと一息ついて、他の用事を済ませてしばらくすれば、また次のご飯の準備がはじまる。また料理して、食べる。
そして片付ける。
翌朝起きれば、また朝ご飯を作って、食べる。
この毎日の繰り返しが「人間の暮らし」であり、その意味は、やがてそれぞれ美しいかたちとなって、家族である人間のそれぞれに現れてくるものと信じます。
人生とは、食べるために人と関わり、働き、料理して、食べさせ、伝え(教育)、家族を育て、命をつなぐことです。
料理することは人間として生きるためには欠かせないものですが、今、私たちのいる現代の日本では、必ずしも料理をしなくても良くなりました。
できあがった料理を手軽に買い求めて食べることで、「料理する」を省略できるからです。
となると、人間は食べるために必然であった行動(働き)を、捨てることになります。
「行動(働き)」と「食べる」の連動性がなくなれば、生きるための学習機能を失うことになり、行動して食べることが心を育てると考えれば、大いに心の発達やバランスを崩すことになってしまいます。
同時に、現代社会では、料理したくても時間が取れないという問題や、働いても満足に食べられないという貧困の問題が起こっています。
これはもう社会システムのほうに問題があるのではと疑ってしまいます。
それを企業家は「資本主義の競争の原理による必然」と説明するのですが、そのような社会の状態を、数学者であり、日本人の心の働きや文化に関わる著作も多い岡 潔は、「生存競争」と言って憂えています。
生存競争とは生きるために殺し合いをすることです。
けれど、人間の努力は人間の幸福に向かっていなければならないのです。 (中略)
少なくとも、人間にとって人生の大切な時期に手作りの良い食事と関わることが重要です。
新しい家庭を築くはじまりに、また、子どもが大人になるまでのあいだの食事が特に大切だと思います。
そして自分自身を大切にしたいと思うなら、丁寧に生きることです。
一人暮らしでも食事をきちんとして欲しいと思います。
そうすることで、自分の暮らしに戒めを与え、良き習慣という秩序がついてくるのです。
どうぞ踏ん張って下さい。なぜならば、料理することのない人生は、岡 潔が「生存競争とは“無明”でしかない」とすることにも、重なるのかもしれません。
無明とは、仏教でいうところの人間の醜悪にして恐ろしい一面です。
(『一汁一菜でよいという提案』土井善晴著 グラフィック社刊 より引用しました。)

まず、「食事」とは、ただ「食べること」ではなく「買い物から片付けまで」であるという捉え方が新鮮でした。
そしてふと、「食事」を「仏事」と置き換えてみたら…自分自身の仏さまとの関わり方が問われている様に感じたのです。
「食べる→法事・月参り」、「料理→お内仏のお給仕(日常のお仏壇のお世話)」、と考えていくと、日々の仏さまとの関わりが、心を育て、暮らしを見つめ直し、良い習慣が身に付くことにつながる…またそれは「新しい家庭を築くはじまり」「子どもが大人になるまでのあいだ」「一人暮らし」に特に大切なこと、なのです。
食事も仏事も、今一度、生活の中で見直さなければいけないのだと思います。

  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)本堂に座って

2018年04月25日

今日も快晴!? 2018年4月




今年の3月13日は、震災から一番近い日にちのお寺の絵本の読み聞かせ会でした。
丁度その日の朝は中学校の読み語りボランティアも当たっていたので、(震災に関係したものが読みたいな)と思い、「ふくしまからきた子」(松本猛・松本春野作 岩崎書店)という絵本を選びました。
広島に住むサッカーが大好きな男の子の近所に、原発事故をきっかけに福島から女の子が引っ越してきます。
二人の交流を通じて、原発と私たちの未来を考える絵本です。
絵本の内容も良いのですが、巻末の作者からのメッセージ「これからの日本を生きる君たちへ」という文章がとても素晴らしかったので、中学校では一年生の教室で最後まで読ませてもらいました。
「これからの日本を生きる君たちへ」 松本猛
2011年3月11日、東日本大震災の日。福島第一原子力発電所が地震と津波で壊れ、大量の放射能があたりにまき散らされました。
原発の近くの人々は、家も町も畑も大きな被害はなかったのに、ほとんど何も持たずに逃げなくてはならなくなりました。
・・・放射能をたくさんあびると、ガンをはじめとした色々な病気にかかりやすい身体になってしまうからです。
・・・原発事故は、他の事故とは大きく違う点が二つあります。
一つは事故の範囲がものすごく広いこと・・・もう一つは、事故が何十年も年百年も続くことです。
焼いても水で洗っても放射能はなくなりません。灰や水の中に残り続けるのです。
・・・原発は何重にも保護されているから「安全」だと政府も電力会社も説明してきたけれど、何重にもバリアを張らなければならないということは、本当はものすごく危険だということです。
今回の原発事故で分かったように、人間が作る機械で100%安全なものはありません。
アメリカの先住民の言い伝えに「七代先のことを考えて判断しなさい」という言葉があります。
一本の木を切るときも、それが七代先、子どもの、子どもの・・・子どもの時代、つまり200年から300年先の自然や人々の生活を考えて判断しなさいということです。
地球が作り出した素晴らしい自然があるから人間は生きていけます。
だからこそ人間は自然を汚さずに大切にしなければなりません。
私たち大人は、自分たちの豊かで便利な生活を求めたために、原発を作ることを止められませんでした。
君たちの子孫のことももっとしっかり考えなければならなかったと反省しています。
・・・みんなが「原発いらない」というようにならないと、原発はなくなりません。
君たちは自分のことや自分の世代だけの豊かさを求めるのではなく、ずっと先の子どもたちのことを考える人になってください。
もちろん私たち大人も努力しますが、豊かな自然と美しい地球を取り戻せるかどうかは、君たちの力にかかっているのです。」
震災から7年が経ち、何かのきっかけがないと震災のことを思い出さなくなっている自分がいます。
今年も3月の26日~29日に、「福島のみんな!遊びにおいでんプロジェクト」に関わり、福島から二家族の方をお迎えします(放射能の影響を避け、保養のため)。
ここ豊田に居ながら、何か出来ることがあるというのは本当に有り難いことだと思えます。
「私たち大人の努力」の一端になればいいなと思います。



  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)今日も快晴!?