2018年08月05日

清風 2018年7月



天上天下 唯我独尊
天にも地にも われは独尊(一人であって尊いの)である
                              その5

現代が解決を強いられている最も重大な問題は、人間存在の問題である。
我々は社会や文化の問題を後回しにしても、まず「人間とは何か」という問題と取り組まなければならない。   
(『現代における人間の運命』)

ベルジャーエフ(1874~1948)ロシアの哲学者
常に自分の問題を深く掘り下げてゆく姿勢が、生涯一貫していた思想家と言われている。


「いのちは尊い」という言葉について、どんな立場に立つ人も一致しているのではなかろうか。しかし、次のように指摘されてみるとどうだろうか。

「我々の所有する一切が ― 物質的なもの、精神的なもの、個人的なもの、社
会的なもの等、何もかもひっくるめて、我々の誇りとする一切の富が ― 我々
の手から辷り落ちてゆくとき、我々のうち一体誰がそれでもなお人として在る
ことを祝うであろうか。その人生を喜んで生きかつ死ぬことができるであろうか。
「人間存在」というのはいったい何なのであろうか。人であること、そして
人として在ることそのことが、私にとって本当に大切なことならば、そこには
何か、私の持ちものの如何によって左右されない、確かなものがなくてはなら
ないはずであろう。」   (『万人の事としての哲学』1967年刊 滝沢克己)

前記ベルジャーエフは、記している。

「戦時の倫理は、そのまま戦後の倫理となって幅を利かしている。この倫理は
人間はどんなことをしても良い、とにかく、非人間的な、あるいは反人間的な
彼らの目的を成就しさえすれば他人をどんなに利用しても構わない、というの
である。今や、我々は非人間化の時代、つまり人間でないものが人間の世界に
世の中に入りかけている。例えて言えば、現代人は一つの膨大な集団をなして
原始人の群れへと復帰していると言えよう。しかもこの「原始人」たちは、文
明の衣服をまとい、精巧な機械を動かしているのである。この「世界革命」は、
まさに人間の発明した機械と技術の力なのである。機械から見れば、人間は一
つの機能でしかないのだから。」(註「戦時」は第一次世界大戦を指す)

ベルジャーエフは、「この倫理は、反・非人間的な、彼らの目標を成就しさえすれば、他人をどんなに利用しても構わない」時代が来たと1934年に書き記している。
もう一人、マックス・ウェーバーは「精神の無い専門人、心情の無い享楽人。
この無(ニヒッツ)のものは、人間性のかって達したことのない段階にまで登りつめた、と自惚れるだろう」と、その著『プロテスタンティズムと資本主義の精神』(1904年発表)で述べている。

滝沢克己が、「私の持ちものの如何によって左右されない、確かなものがなくてはならないはずであろう」と指摘している世界というか、立場が問題ともされないというか、かって神学者・ティーリッヒによって「人間の究極的関心事」と言われてもいる宗教が、ほとんど課題とされなくなっている日本の状況は、考えてみれば、上に紹介した「非人間化」が、まだ進められている途中であるからであろうか。
そういう中にあって、安田理深は次のように述べている。

「人間の宗教心とは自己が自己にかえる関心(ulutimate concern)である。人間
は究極的な根底についての関心がある。いろいろなものへの関心ではない。
つまり菩提心、願生心である。
資本主義はこの関心を失わせるところにある。
資本主義の時間は、永遠といった時間を考えることを与えない。
存在の場はマーケットとなり、我々は経済的な意義をもった時間とか空間の中にいる。ヒューマニズムの喪失でなく、むしろ自己喪失こそ問題である。」
(1961年3月10日講義『教行信証真仏土巻聴記』Ⅱ P299
                     1997年 京都 文栄堂書店刊)

人間が機械を使うのではなく、利潤をあげる「一つの機会」として、機械に人間が使われていく時代とは、まさしく巻頭に掲げた「天上天下 唯我独尊」と言える根拠を失っていく事態が進行している(末法の時代)ということであろうか。

原点に帰って、未来を開く
仏教の時間論には「去・来・現」という時間を生きる、それが救済(仏教の教えに遇うた者)のあり方であると言われる。
末法の時代とはまた、釈尊の悟られた法が、それから2500年後の私が生きる原点として今に蘇り、私の生きる未来の導きとなると言う意味と聞かされている。
             (「去・来・現」とは、過去・未来・現在を指す。)

その事実に気づいた方(念仏者)がおられる。
なにもかも あたり前にしている程の不幸が またとあろうか
如来はつねに 足もとの幸せに気づけよと 仰せくださる
(「足もと」 浅田正作)

今日もまた、「宗教」を求めるのは困難なことである。
なぜなら、悩むことに意義を認めないからである。
だから、悩みを無くそうとする。
なぜ悩むのだろうか。浅田正作さんの詩を、今一度読んでみよう。


3月号から掲載してきた「天上天下唯我独尊」は今月号で一先ず終わりとします

  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)清風

2018年08月04日

お庫裡から 2018年7月



和讃は「正信偈」のお勤めの時、念仏に続いて6首読みます。
勤行本に載っているのは限られたものですが、親鸞聖人は76歳という晩年になられてから500首を超える和讃を作っておられます。
岡崎市在住の真宗に帰依しておられる若い作曲家、平田聖子さんが、その和讃に次々と曲をつけておられます。
「清風宝樹をふくときは」「浄土真宗に帰すれども」の二曲は当方の委嘱で作って頂いた曲です。
最近、大切な友人が脳梗塞から生還し、形見にと和讃曲を平田さんに委嘱し、発表されました。

正覚の華より化生して
南無阿弥陀仏  如来浄華の聖衆は
        正覚の華より化生して
南無阿弥陀仏  衆生の願行ことごとく
        すみやかに とく満足す

和語で作られているとはいえ、現代に生きる我々にはとても難しい言葉ばかりですが、平田メロディーに載って歌うと、歌う度に言葉が私の身にふりかかり、ふりかかり、ふりかかりして、私の頂き方が深まってくるように感じます。
満足を求めて人生という旅路を歩んでここまで来てみると、満足は外から与えられるものではなかったと知らされます。
道を求めて歩んできた行程、それが今につながる満足の歩みであったと深く頭が下がり、手が合わさるのです。
7/15、豊田コンサートホールの合唱交歓会で、この曲を含め4曲和讃曲を歌います。
是非聴きに来てください。
  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)お庫裡から

2018年08月03日

今月の掲示板 2018年7月










  「この私」を死んだと思って捨ててみなさい。
  そこに私が想像もしなかった世界が明るんできます。
  不思議ないのちのやすらぎと
  よろこびの世界が明るんできます。 小松昌幸

  自我という眼鏡を外してみると
  大きな生命の海の真っただ中にいることがわかる
  樹や草にさえも
  まして動物たちにも
  自分と同じいのちの囁きが聞かれる

  小鳥も虫も住めない世界には
  人間も住めない

  「私の感じ」
  「私の利益を」
  とこだわる私を捨てて
  ものを見よう

  私は私の力で生きていると
  思い上がっていた
  私は許されて生きているのだ 倉田百三

  病気の一日も
  健康の一日も
  共に私にいただいた
  かけがえのない一日である

  もったいない
  勿体とは本体のこと
  相手に対して
  その本体を失うようなことをするのが
  「勿体ない」ということだ

  私たちの中には
  どうやら二種類の眼が
  ものを見ているようである
  一つは、現実しか見えない眼
  もう一つは、現実を超えて
  現実を見ぬいていく眼


  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)今月の掲示板

2018年08月02日

本堂に座って 2018年7月



先日、次男を誘って三谷宏治さんの講演を聴きに出かけました。
講演では、子どもたちに「AI」に負けない人に育ってもらうには、親としてどう関わっていけばよいか…を教えていただきました。
でも三谷さんのお話には「学力をつける」とか「能力を磨く」「こんな習い事がよい」といったことは出てきません。
三谷さんが新しく出される書籍から、お話の内容を振り返ってみます。

これからのAI・ロボット時代に求められるものは新しい何かを生むための試行錯誤力です。
逆にそれさえ十分なら、将来の心配は要りません。そしてそれは、「発想力」「決める力」「生きる力」の組み合わせに他なりません。
だから子どもたちのこの3つの力を、家庭という場で鍛えることが、この本の目的なのです。

<決める力の鍛え方>
会社でも家庭でも、若者や子どもたちの「決める力」を奪う方向にばかり進んでいます。
相談しに来る子はかわいいので、親は必ずアドバイスという名の答えを与えます。
どんな考えを持っていっても、必ずよりよい「アドバイス」を示されるので、子どもはそのうち、面倒になって自分で考えることを止めてしまいます。
与えるべきものは答えではなく、考え方であり調べ方です。
意志決定のための方法をこそ伝えましょう。
そして決めることは、ちょっと怖いことでもあります。
そうだよね~と言っていれば必ず多数派になれるのに、Aと決めればBじゃないんだと人にばれ、かつ少数派になってしまうかもしれないからです。
たとえそれで少数派に落ちようが、もしくはB派に恨まれようが、自分はAなのだと主張する強さが必要なのです。
子どもたちにその覚悟を持たせるために、親にできることはその意思決定力を、常に全力で支持すること以外にありません。

<発想力の守り方>
家庭こそは、子どもたちの発想力を鍛える原点です。
そもそも子どもたちは発想力の宝庫で、創造性に満ちていますが、学校や家庭、地域の中でその力をどんどん奪われています。
発想力や創造性を発揮する場も鍛える場もないのです。
例えば、砂場とジャングルジム、その共通点は「自由度の高い遊び場である」ことと「最近、数が減ってきている」ということです。
自由度の高い遊びの場がどんどんなくなっています。
そういった状況を作っているのは他ならぬ親自身です。
子どもたちの発想力を上げようと本当に思うのなら、変わらなくてはいけないのは親自身なのです。
子どもたちを無闇に保護し、習いごとに追い立て、定型の遊びばかり与えていては、子どもたちの心は決して発想や創造には向かいません。
皆と同じじゃないと日本人は不安になります。
でもそれは遺伝でも何でもなく、育てられた性格です。
頑張って逆転させましょう。
皆と同じだと不安、という感覚こそが発想力の根源なのです。

<生きる力の育み方>
過保護も過干渉も、「子どもを守りたい」という目的は同じです。
その「親が(今の子どもを)守ってあげよう」という気持ちや行動が、子どもの未来を壊します。
親の過保護・過干渉によって、子どもたちから奪ってしまっている能力や姿勢は膨大です。
自己判断力、主体性、発想力、意欲、コミュニケーション力、などなど。
中でも主体性・意欲は「生きる力」の根幹といえるでしょう。
過干渉とはつまり、子どもに対する過剰なヘルプ(直接的な助力)であり、「答え的なアドバイス」はそのひとつです。
自分で決めた(と思う)ことならば、成功したとき「自信」に、失敗したとき「前向きな反省」につながるでしょう。
でも親(や教師や塾)が決めたことで失敗したら、それは親への非難やそれに従った自分への後悔にしかつながりません。
ヘルプでなくサポート役に徹しましょう。
何かを代わりにやってあげるのではなく、やり方を伝えるのです。
ただし、サポート役に徹するとは相手の失敗を甘受するということです。
その覚悟が親には必要です。
親が不完全だなんて、子どもは知っています。
でもそれを認め、どうにかしようと努力している、その後ろ姿こそが子どもにとって何よりの叱咤激励になるでしょう。
(『戦略子育て 楽しく未来を生き抜く「3つの力」の伸ばし方』三谷宏治著 東洋経済新報社発行より引用しました。)

本ではこの後、より具体的な内容で3つの力の伸ばし方が語られていきます。
とても読みやすく、すぐに実践できることばかりなので、ぜひ読んでみてください。
  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)本堂に座って

2018年08月01日

今日も快晴!? 2018年7月



我が家の子どもたちはとても仲が良いのですが、三人それぞれ個性は違います。
先日も、三人で百人一首をしていたのですが、取り組み方があまりに違って面白く思いました。
まず長男。常に冷静でフラットな精神状態を保ち、着々と札を取り続けます。
次男は、最初は(あ~、かったるいなぁ)というような態度で全然やる気を見せず。
しかし、途中から(やばい!このままじゃ、おれ最下位だ!)と気づいた瞬間から猛烈なやる気を見せ、後半ぐんぐん追い上げます。
長女は最初からやる気全開で、「はい!」の声も勇ましく、自分が狙っていた札をお兄ちゃん達に取られようものなら、泣いて怒って大騒ぎです。
かくして一勝負終えた後、それぞれ取った札を数えてみたら、長男32枚。次男31枚。長女32枚と、見事なほど互角な闘いでした。
残り5枚は、読み手の私がうっかり取ってしまった札ですが、これを我慢すればもう少し差が付いたかもしれません。
この子達がそれぞれ大人になったとき、どんな大人になっているのかな。
どんなお父さん、お母さんになるのかなと、とても楽しみです。
5月の土曜日に、長男の通う高校のPTA総会がありました。
総会は午後からですが、生徒は午前中のみ授業を受けて帰って来るらしく、「お弁当はいらない」とのこと。
中学生の次男の部活もお休みでお弁当がいらなかったので、「お弁当がいらないなら、お母さんは土曜日は朝ドラが始まる時間まで起きません。自分で朝ご飯食べて行ってください」とオフ宣言し、予告通り寝ていたら、長男はどうやら寝坊したようでした。
普段なら6時前に起きて7時の電車に乗っているのに、その日は6時45分に起きてしまい、朝ご飯も食べずに飛び出して行ったそうです
(何も知らずに寝ていた私ですが・・・)。
総会から帰宅して、「今日は大変だったねぇ。お腹空いたでしょ?」と聞くと、「まぁね。とりあえず7時15分の電車に乗れたから間に合った」、「起こせば良かったのに・・・」、「だって、お母さん起こしたって何にもならないじゃん」。
・・・確かにそうですね。
「母親の仕事は、いかに母親が役に立たないかを教えることだ」と言うのが私の持論ですが、見事に伝わっていたようです(苦笑)。
全く出来の悪い母親で、子どもたちにはごめんなさいと言うしかありません。
(いや。でも起こしてくれたら、お握り作って駅まで車で送るくらいしてあげたのに・・・)と思うのですが、「何で起こしてくれなかったんだ!」とか、「車で駅まで送って!」等々言わない長男は本当にえらいなぁ。
親に頼らずよく頑張っているなと思います。
昨今の若者による無差別殺傷事件など見るにつけ、一人の人間をまっとうな人間として育て上げると言うことがいかに難しいか考えさせられます。
子どもを育てるということは、片手間では出来ない。ものすごい重責を担った大仕事をしているのだと思えます。
親にならせて頂いてからは、無我夢中で、とにかく今できる精一杯のことを・・・と思いながらも、失敗の連続だったように思います。
「この子たちが大人になったとき、自分の頭で物事を考えることの出来る人間に育てたい」という思いがありましたが、果たして親が子どもを育てるなんて、そんな大それた事が出来たのだろうか。
三人それぞれの個性を持ち、仲良く遊んでいる様子を見ると、親の思いや力の及ぶ範囲を超えて子どもたちが自身で育ってくれているのだなあと思えます。
親が子どもに育てて頂いていたんだなぁと、改めて感じます。
  

Posted by 守綱寺 at 20:00Comments(0)今日も快晴!?