2019年03月04日

清風 2019年2月

清風 2019年2月

先月号の最後に、釈尊は、この世に出てきた用事は何であったのかを「出世の本懐」と受け止められ、念仏の教えを聞いてきた先輩は「仏法を聴聞することである」と受け止めてこられたのです、と記しました。
さあ、どうでしょうか。冒頭で紹介した詩「足もと」にも記されているように、私どもは日常生活の中では、それこそ「なにもかも 当たり前にしている」のですね。
「進歩」という名称・レッテルを付けて。変わっていくのは、身につけている「コロモ」だけなのですね。
平均寿命という数字で、長生きが出来るようになっても、かつての敬老という言葉が内容がなくなっていき、少子・高齢化というコロモが付けられてきました。
子育ては手間のかかること、高齢者は身体機能が衰えて、要するに「間に合わない」というわけです。                      (2面に続く)

(1面より)
進歩とは、先進七カ国(G7)と言われるように、その内実はGNP(国民総生産)であり、豊かさ ―例えば物の生産高の高いことと数字で示されているごとく― で、先進とは経済に特化した生産高からの評価です。
ですから、万博を契機として海外からの人も当てにして儲けようと、カジノ依存症が心配されている賭博場を開設しようと大阪、愛知でも検討されている始末です。
ここで、この経済・豊かさということを考える場合の考え方を巡って、一思想家の指摘を紹介しましょう。
そして、その言葉の解説と言える、冒頭に掲げた詩の「足もとの幸せに気づけよ」という如来(ほとけ)の呼びかけが意味するところを、少し脇道をしながら、ゆっくり考えてみることにします。

「私は自分を幸福にしてくれると予想され、しかもそれに到達した瞬間、巧みに私をはぐらかすような目的を追っているのではなかろうか。
(略)すなわち現代人は自分の欲することを知っているというまぼろしのもとに生きているが、実際には欲すると予想されるものを欲しているにすぎないというのが真実」ではないかと。
そして次のように結論する。
「このことを認めるためには、人が本当に何を欲しているかを知るのは多くの人の考えるほどに容易ではないこと、それは人間が誰でも解決しなければならないもっとも困難な問題の一つであることを理解することが必要である。」と。(下線は引用者による)
『自由からの逃走』P278(E・フロム著 東京創元社刊)

現代は、商品社会です。お金さえあれば何でも欲しいものはすぐ手に入るという、欲望が肥大化した社会を迎え、お金が異常なまでに評価されている社会と言えます。
そこでは、我々の自我が肥大化しているということですが、自分がどう評価されているかという、ある種、商品化され、評価の対象とされています。
わかりやすく言えば、どんな“コロモ”(学歴・能力など)を身に付けているかによって評価される、つまり間に合うか、間に合わないか、人も物もすべてが道具扱いされることになってしまっている時代となっているのです。

今こそ「いのちは尊い」という場合の、そのいのちには、人間以外のいのちは含まれていたのだろうか、この先人の伝えたかったメッセージとはどんな内容のことであったのか、我々が「当たり前」としてきた代償が、今問われ始めたのでしょう。
例えば、欲望の肥大化が地球温暖化という事実をもって突きつけられているように。
これが実は、現代人の根本的課題なのでしょう。
いのちを育んできた環境、地球を、単に資源としてのみ受け止め、栄華を誇って、後世にそのツケを追わせるのはいかがなものであろうかと。
まこと、足もとの幸せに気づけよと、仰せくださる。
(続く)


同じカテゴリー(清風)の記事画像
清風 2019年4月
清風 2019年3月
清風 2019年5月
清風 2019年1月
清風 2018年12月
清風 2018年11月
同じカテゴリー(清風)の記事
 清風 2019年4月 (2019-05-19 20:00)
 清風 2019年3月 (2019-05-19 20:00)
 清風 2019年5月 (2019-05-19 19:00)
 清風 2019年1月 (2019-02-26 20:00)
 清風 2018年12月 (2019-01-04 16:13)
 清風 2018年11月 (2019-01-04 16:02)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。