2019年05月15日

今日も快晴!? 2019年5月

今日も快晴!? 2019年5月

3月の25日~28日、「福島のみんな!遊びにおいでんプロジェクト」という保養(放射能の影響を避けて、影響の無い地域で過ごす活動)がありました。
子育て中のママが中心となり、岡崎教務所が協力する形で、8年前の震災時から様々な形を経て続いており、守綱寺も日程が合うときは受け入れ寺院として参加していました。
昨年あたりから少し様子が変わってきたように見えました。
まず、福島の方から「参加したい」という声が減ったと言うこと。
受け入れ寺院の数も減ってきたと言うこと。
震災から8年が経ち、関心も薄くなってきたことを感じながら、話し合いの機会を持てないまま今年の開催を迎えることになり、守綱寺では福島県いわき市の方から2家族3名の方を受け入れることになりました。
3月26日はお寺で絵本の読み聞かせ会が開催されたので、その日の午後に「福島の方のお話を聞く集い」を企画しました。
すると、思いがけなく多くの人に参加して頂くことが出来ました。
簡単な自己紹介をして頂いたら、
「震災の時は関東の方で生活していた」
「旦那さんが福島の出身で・・・」等々、それぞれ想いがあってこの場に来られていて、原発や放射能について、きちんと話が出来る場が求められているのだと感じました。
いわき市から来られたOさん&Kさんは、「何でも聞いて下さい。全部お答えします」と、言って下さいました。
「自分たちの周りでは、放射能や原発の話はそれほど聞かなくなっている」とのことでしたが、話が進むうちに「いわきの方では、テレビの天気予報と一緒に線量の数値が出る。風向きも。こちらに来てそういうのを目にしなくなって、(ああ、ここでは100%放射能の事は考えなくても良いんだな)って思えた」「福島産のものは、(線量を)計っているから大丈夫だろうって、普通に食べている。」「もっと線量の多い地域から避難してきて(いわきに)住んでいる人がいるが、その人達には補償金が出ていて、気の毒なんだけど、同じ地域で同じ様に生活しているのに、あちらは貰えて良いなって思ってしまう」等々・・・二時間ほどの間に、ぽつりぽつりと本音がこぼれ落ちるようになりました。
こちらで生活していると聞こえてこない話ばかりで、現地の方から生の声を聞くことの大切さを感じました。
自分の「知らないこと」が「無い事」になってしまうのは危険だと思えます。
福島から来たMちゃんはもう中学生の女の子でしたが、とても面倒見が良く、寺っ子クラブの子どもたちとたくさん遊んでくれました。
26日の夜は、心ある方から差し入れして頂いた食材を使ってみんなでカレーを作って食べ、木曜日は「三河の名物を!」と、寺っ子の仲間で五平餅の味噌を作り、お握りを作ってお外でいっぱい遊んで食べました。
どんどん仲良くなる子どもたちの様子が嬉しく思えました。
おいでんが終わって何日かあと、新聞にいわき市の震災関係の記事が出ていました。
普段はそれほど新聞を読まない娘に「ほら。うちに来ていたMちゃんの住んでいるいわき市のことが書いてあるよ」と言うと、「え?そうなんだ!」と言いながら、目を通していました。
震災から8年が経ち、こうした活動が本当に必要なのだろうか?という声もあります。
でも、実際にその地域で生活している方の声に耳を傾けること、何が起きているのか知ること、自分の頭で物事を考えることが大切で、子どもたちは、「どうしてMちゃんたちは、遠くから来ていたんだろう?」と疑問に思うかもしれません。それは、福島で起きた原発事故や放射能のことを考えるきっかけになるでしょう。
「福島県、いわき市」と聞いたときに、「遠くにある知らない場所」ではなく、「一緒に遊んだMちゃんの暮らす町」と気付いたら、ずっと関心の向き方が違うと思うのです。
それが、おいでんプロジェクトを続ける意味なのではないかと感じました。

同じカテゴリー(今日も快晴!?)の記事画像
今日も快晴!? 2019年4月
今日も快晴!? 2019年3月
今日も快晴!? 2019年2月
今日も快晴!? 2019年1月
今日も快晴!? 2018年12月
今日も快晴!? 2018年11月
同じカテゴリー(今日も快晴!?)の記事
 今日も快晴!? 2019年4月 (2019-05-19 20:00)
 今日も快晴!? 2019年3月 (2019-05-15 20:00)
 今日も快晴!? 2019年2月 (2019-02-28 20:00)
 今日も快晴!? 2019年1月 (2019-02-22 20:00)
 今日も快晴!? 2018年12月 (2019-01-04 16:10)
 今日も快晴!? 2018年11月 (2019-01-04 15:58)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。